プログラマー人生、いつかは報われるさ!


by kldpmsddjq
 ミステリー小説の不動のヒット作「ダ・ヴィンチ・コード」などロバート・ラングドンシリーズで一躍、世界のベストセラー作家となったダン・ブラウンの新作「ロスト・シンボル」が来月3日、日本で発売されることが決まった。

 ハーバード大学で宗教象徴学を研究するラングドン教授が、宗教に絡む難事件を解決する人気シリーズの待望の第3弾。日本では1作目の「天使と悪魔」が490万部、2作目の「ダ・ヴィンチ・コード」が1100万部を突破している。米、英、仏など、すでに発売2カ月で全世界1000万部を売り上げており、発売前から日本でも話題を集めている。

1等陸佐発言「ふさわしくない」との答弁書 首相を揶揄と誤解招く(産経新聞)
弥生時代後期の貴重なガラス製、初の「J字」勾玉が出土 松江市(産経新聞)
宝塚ファンのアドレス、阪急電鉄が誤送信(読売新聞)
<マータイさん>東京で祝賀パーティー 旭日大綬章受章など(毎日新聞)
がん患者支援、英「マギーズ・センター」に学ぶ(医療介護CBニュース)
[PR]
# by kldpmsddjq | 2010-02-27 18:49
 児童ポルノの被害が過去最悪を更新し続ける中、警察庁は25日、全国の警察で被害児童の支援を担当する責任者を集め、研修会を開いた。児童ポルノに特化した研修は初めて。具体事例の情報交換や専門家の講演などを通じ、支援のあり方を探る。
 警察は現在も病院への付き添いや転居の相談、親への助言といった支援を行っているが、二次被害の防止など精神面のケアは各都道府県警とも手探りの状態だ。年少の被害児童は特にショックも大きく、親が関与している場合もあるなど対応が難しいという。
 警察庁は、担当者が一人で問題を抱え込まず、児童相談所や民間の支援団体、専門家と連携して効果的な活動を行うことなどを指示する。 

【関連ニュース】
児童買春で外科医長ら逮捕=「性欲満たすため」
児童ポルノ、過去最悪=ネット利用の摘発が倍増
勤務先園児にわいせつ行為、撮影=元保育士を再逮捕
中国で児童ポルノ撮影、逮捕=年齢鑑定し少女と特定
長女傷害容疑、継母を逮捕=11月に死亡、日常的に虐待か

大仁田氏落選も参院選でリベンジ みんなの党と連携も視野…長崎県知事選(スポーツ報知)
公共施設の全面禁煙通知へ=飲食店や娯楽施設も−厚労省(時事通信)
世代問わず記憶に残る役者=「一生もん」幾つも育てる−藤田まことさん死去(時事通信)
クレーン横転 病院建設現場で1人死亡、3人重軽傷 長野(毎日新聞)
正常化のめど立たず=自民欠席で粛々審議−国会(時事通信)
[PR]
# by kldpmsddjq | 2010-02-26 07:51
 厚生労働省は23日、兵庫県西宮市と鳥取県内で、抗インフルエンザ薬タミフルに耐性を持つ新型インフルエンザへの感染が報告されたと発表した。いずれも9歳の男児でタミフルを服用しておらず、耐性ウイルスが人から人に感染した疑いがあるという。
 耐性ウイルスはこれまでに全国で52例が報告されている。このうち人から人に感染した可能性があるのは、今回を合わせて6例。周辺への耐性ウイルスの感染拡大は確認されていない。
 西宮市の男児は昨年12月9日、鳥取県の男児は同月17日に発熱し、いずれも別の抗ウイルス薬リレンザを処方された。鳥取県の男児は同時期に弟と妹も感染してタミフルを服用しており、弟か妹の体内でウイルスが変異して耐性株になった可能性もあるという。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
国産ワクチン在庫、774万回分=1月中旬時点、新型インフル用
ピーク越え宣言へ=新型インフルで緊急委-WHO
新型インフル諮問委、記録残さず=首相に答申の専門家会議

あさま山荘事件 新人だった署長がコラム 警備の途端、銃撃「頭下げろ」(産経新聞)
事業仕分け第2弾「議員は倍に」野田副大臣(読売新聞)
雑記帳 江戸時代のオランダ料理再現 岩手・一関(毎日新聞)
<訃報>中島努さん76歳=元東邦ガス副社長(毎日新聞)
19歳少年を逮捕=大学生の傷害致死容疑−大阪府警(時事通信)
[PR]
# by kldpmsddjq | 2010-02-25 02:29
 国土交通省北海道開発局が発注した公用車の運転や管理業務の入札をめぐる談合問題で、国交省は17日、18日付で入札情報を漏洩(ろうえい)した元同局総務課長を減給1カ月(10分の1)に、元課長補佐を戒告の懲戒処分にすると発表した。元同局開発監理部長ら2人についてはすでに退職しているため処分できないが、減給4カ月(10分の1)などに相当するとして、減給分の給与の自主返納を要請する。同省の谷口博昭事務次官は「国民に深くおわびする」と謝罪したが、処分が4人にとどまったことについては、「高い地位の職員の関与は認められなかった」と述べた。

 公正取引委員会は昨年6月、同省OBの天下り先の日本道路興運(東京都新宿区)や北協連絡車管理(札幌市)などが平成14〜18年度の入札情報を現職員から入手し業者間で情報交換が行われていたとして、官製談合防止法に基づき同省に改善措置を要求。業者については、独占禁止法違反として、排除措置命令を出し課徴金納付を命じていた。

 国交省は現職とOB約540人から事情聴取するなど内部調査。このうち4人は談合への関与が認められたとして処分することを決めた。

【関連記事】
天下り先との総合評価入札、新たな疑惑…背景にエコ利権?
公用車業務で官製談合 国交省に改善要求 公取委 10社、課徴金26億円
「極めて遺憾で無念」官製談合で国交事務次官
国交省、切れぬ天下り先との関係 談合3年連続発覚
【正論】屋山太郎 現政権で骨抜きの公務員改革

大阪府内での昨年の未成年の大麻摘発は40人と過去最多に(産経新聞)
糖尿病性腎症の関連遺伝子を発見―理研(医療介護CBニュース)
<JR東海道線>また「あすか」 草津駅で線路に人(毎日新聞)
和室からライター複数=子供2人死亡火災−警視庁(時事通信)
<石巻2人刺殺>元交際少年 事件前夜、姉とつかみ合い(毎日新聞)
[PR]
# by kldpmsddjq | 2010-02-23 21:59